通常号  |  特別号

通常号
2006年12月号:Not Dead Yet, but Alive in CHAOS
  • LOUD PARK ミニレポート
  • インタビュー。「歌とプレイを同時にやるのは難しいことでも何でもない、むしろ簡単だよ。けど練習しないとできない曲もある。」

2006年7月号〜12月号
  • 連載講座 HATE CREW DEATHLESSON

2006年7月号, p.68〜71: 暴走するボドムの力!!
  • ライブレビュー
  • 連載講座 HATE CREW DEATHLESSON 第1回:
    "Invention for Harpscichord No.4(BWV775)"。
  • Gt SCORE:
    Are You Dead Yet?

2006年3月号
  • Gt SCORE:
    Living Dead Beat

DVD 2006年1月号:"継続"こ
  • ARE YOU DEAD YET?
    日本ツアー2005に伴うインタビュー。「どのギターも体に入れたらすぐゲインブーストを組み込んでいる」「ヤンネと二人でギターの教則っぽいDVDを作ろうという話があってさ」
  • 機材写真。USAモデルの写真有り。
  • 付属DVD & 連動TAB
    • Ex1:
      Living Dead Beat
      (riff) 1'07"-1'13"
    • Ex2:
      Living Dead Beat
      (riff) 0'48"-0'55"
    • Ex3:
      Downfall
      (riff) 0'05"-0'14"
    • Ex4:
      Are You Dead Yeat?
      (riff) 0'00"-0'10"
    • Ex5:
      In Your Face
      (riff) 0'41"-0'58"
    • Ex6:
      You're Better Off Dead
      (riff) 0'00"-0'10"
    • Ex7:
      IYWP...PFW
      (riff) 0'05"-0'08"
    • Ex8:
      Lake Bodom
      (riff) 0'00"-0'06"
    • Ex9:
      Towards Dead End
      (riff) 0'01"-0'18"
    • Ex10:
      Hate Me!
      [single](solo) 2'06"-2'16"
    • Ex11:
      Warheart
      (solo) 1'46"-1'51"
    • Ex12:
      Hate Crew Dathroll
      (solo) 2'42"-2'51"
    • Ex13:
      Living Dead Beat
      (solo) 3'43"-3'58"
  • Gt Score:
    Trashed, Lost & Strungout
  • ポスターカレンダー
  • キャプチャ画像はこちら

2005年12月号
  • ARE YOU DEAD YET?
    ツアーレビュー。来月号付録のDVDの予告。

2005年10月号:"純粋さ"が生む暴虐無尽サウンド
  • ARE YOU DEAD YET?
    発売に伴うインタビュー。「ローペは今はもう正式メンバーだよ」「どういう方向性の音楽を追究するかって、話し合って決めるものじゃないと思うな」「ツアーでクレイジーな生活が続いたから終わり頃にはほとんど死人状態だったんだ。タイトル"AYDY?"はそうゆう状況で思いついた訳。」
  • 奏法TAB:
    • Living Dead Beat
      , リフ、ソロ
    • In Your Face
      , ソロ
    • IYWP...PFW
      , ソロ
    • Next In Line
      , ソロ
  • Gt SCORE:
    Downfall
  • ポスターカレンダー

2005年2月号:切り開くギター新時代
  • アメリカツアーのインタビュー。「メタル好きな連中はクレイジーなリードプレイをもっと聴きたくて仕方ないってことなんだ!!」「広大な国だからとにかくツアー、ツアー、ツアー、そうしないと自分たちの存在を全土に伝えることができないんだ」
  • TAB:
    Trashed, Lost & Strungout
    , ソロ後半部
  • Gt SCORE:
    Towards Dead End
  • ポスターカレンダー

2004年2月号:新世代技巧旋律派二大彗星激突!!〜
  • Alexi
    Gus G.
    の対談。

2003年11月号:暴虐の使徒、戦慄怒濤の凱旋!
  • HATE CREW DEATHROLL
    ツアーレビュー
  • 写真
    • Alexi
      :white/black pistripe, black/yellow pinstripeのESP。
    • Roope
      :black/yellow bevel(SH), whiteのJackson。
    • ラック(セッティング含む)
    • Wahペダルとかキャビ
  • Gt SCORE:
    Hate Crew Deathroll

2003年9月号:緊急直撃!ボドムに異変あり…!?
  • HATE CREW DEATHROLL
    ツアー二度目の来日直前インタビュー。「日本ではいつもスペシャルなものを感じる」「僕の目を捉えたギターは常にVシェイプだった」
  • ESPのシグネチュアモデルの写真。

2003年8月号
  • YOUNG GUITAR DVD Mag.の宣伝

2003年4月号:激しき獣音と珠玉の美旋律
  • HATE CREW DEATHROLL
    ツアーのレビュー&奏法。
  • 奏法TAB
    • Chokehold
    • You're Better Off Dead
    • Bodom Beach Terror
    • Lil' Bloodred Ridin' Hood
    • Triple Corpse Hammer Blow
    • Hate Crew Deathroll
  • Gt SCORE:
    Needled 24/7

2003年3月号:研ぎ澄まされしメロディー&ヘヴィネス
  • HATE CREW DEATHROLL
    のインタビュー。「バッキングでギターを重ねたことでサウンドに深みがでてヘヴィになったと思う。」「ギターを盗まれた。マジで犯人をブン殴りたい気分だ。」

2002年11月号
  • Gt SCORE:
    Bodom After Midnight

DVD 2002年10月号:Passage
  • SUICIDE BY MY SIDE
    ツアーのインタビュー。「手首のスナップで弾くようになってから全てが簡単にプレイできる。」
  • Alexi
    のwhite stripe & yellow bevelと
    Roope
    の白Jacksonの写真。ラックの写真。
  • DVD & TAB
    • ヴィヴァルディ
      四季:夏
    • Death Metal Symphony
  • キャプチャ画像はこちら

2002年8月号
  • SUICIDE BY MY SIDE
    ツアーのレビュー

2002年3月号
  • Gt SCORE:
    I Spit On Your Grave

2002年2月号:北欧新鋭ギター・ヒーローの躍翔!
  • SUICIDE BY MY SIDE
    時のインタビュー。「切れがあってシャープな音を出せるようなピッキングを意識」「今はリズムギターに関心を払っている」
  • TAB:
    • I Spit On Your Grave
      , 0'02"〜0'13", 0'47"〜0'52"
    • The Sin Trade
      , 0'19"〜0'28"

2001年7月号:北欧の新世代ギター・ヒーロー
  • FOLLOW THE REAPER
    ツアー時のインタビュー。「ソロはインプロヴァイズで気に入った部分を基に構築していく。」「4倍出力のピックアップ付きのJacksonとGP1000の組み合わせは最高」「ピックはJazzIII」 Black/white pinstripeのJacksonの写真。
  • 奏法TAB:
    • Mask Of Sanity
      , 2'55"〜2'59"
    • Northern Comfort
      , 2'54"〜3'01"
    • Bodom After Midnight
      , 2'08"〜2'30", 2'51"〜3'01"
    • Children Of Decadance
      , 3'57"〜4'03"
    • Kissing The Shadows
      , 2'54"〜3'08"
    • Everytime I Die
      , 3'01"〜3'20"
  • Gt SCORE:
    Hate Me!

2001年3月号:過激に舞う美旋律!北欧新鋭ギター・ヒー
  • FOLLOW THE REAPER
    のインタビュー。「Mask Of Sanityに過去のアイディアが入っている以外は書き下ろし。」「Hatebreederのプレッシャーがあって最初は悲惨な曲しかできなかった。」 機材はJackson1本。GP1000とロックトロンのパワーアンプ。
  • TAB:
    • Bodom After Midnight
      , 0'02"〜0'09"
    • Kissing The Shadows
      , 2'53"〜3'08"
  • Gt Score:
    Follow The Reaper

2000年9月号:THE OTHER SIDE OF... Axe Men From DEA
  • インタビュー。「"TO HELL BACK"には3つあるJacksonのうち2本を使った。」
  • TAB
    • Laid To Rest
      , 4'20"〜4'31"
    • Towards Dead End
      , 4'43"〜4'52"
  • Gt SCORE:
    The Bitch Is Back

1999年10月号:MONSTERS OF DEATHMETAL
  • Jesper
    (
    In Flames
    )と
    Alexi
    の対談的インタビュー。「イングヴェイの影響は今やそんなにない」

1999年9月号:ギターを抱えた死神たちのLIVE in JAPAN
  • IN FLAMES
    ,
    COB
    ,
    SINERGY
    (1999.July.11、クラブチッタ川崎)のライブレビュー

特別号
Young Guitar The SCORE 08: Alexi Laiho
  • バイオ・ディスコグラフィ
  • ギターTAB
    • Towards Dead End
    • Downfall
    • Follow The Reaper
    • Bodom After Midnight
    • Hate Me!
    • Needled 24/7
    • Hate Crew Deathroll
    • Living Dead Beat
    • Trashed、 Lost & Strungout
    • I Spit On Your Grave
  • 2006年6月発売

DVD Young Guitar Beginner
  • インタビュー: Follow The Deathroller!!! 「サウンド、プレイ、ルックス、すべてに於いてクールだと感じさせるギターヒーロー、スティーヴヴァイが俺の目の前に登場したんだ」「音楽理論は、ある意味大事だけど、絶対に必要だとは思わない、でも知っていればそれなりに有効だし、使い方を心得ていればそれは尚更だ…ってとこかな(笑)」
  • 奏法講座: Deadnight Hell-Shred Lesson。アレキシ特性エクササイズ。
  • 付属DVD & 連動TAB
    • Lesson 1: Picking Accent Exercise
    • Lesson 2: Legato Licks
    • Lesson 3: Pentatonic Licks
    • Lesson 4: Scale(E minor, G major)
    • Lesson 5: 3 Strings Arpegio Lick
    • Lesson 6: 5 or 6 Strings Arpegio Licks
    • Lesson 7: Tapping Licks
    • Lesson 8: Tapping Licks(hard)
  • キャプチャ画像はこちら
  • 2006年1月発売

Young Guitar Extra 26: Alexi Laiho
  • バイオ・ディスコグラフィ
  • 付属CD & 連動TAB
    • Chapter 1:
      HATE CREW DEATHROLL
      からのリック
    • Chapter 2:
      SINERGY
      The Bitch Is Back
  • 2004年2月初版

DVD YOUNG GUITAR DVD Mag.
  • インタビュー(YGがとったインタビューから再構成)
  • DVD & 奏法TAB:
    Chokehold
    ,
    HCDR
    など。
  • DVDには
    Alexi
    sigの宣伝や、リハーサルルームでのfootageあり。
  • キャプチャ画像はこちら
  • 2003年9月発行

YOUNG GUITAR BEGINNERS 03:烈弾の指針〜誰もが通る
  • インタビュー。「僕だって、17歳くらいまで、バッキングの重要性なんて事に興味はなかった。気づいたのは、ザックワイルドをオジー作品で聴いたとき。ピッキングでパワフルにもクレイジーにもなることを悟った。」「僕の音はアンプの特性と"自分の弾き方"から生まれるものなんだ。」
  • 奏法TAB(手写真付き)
  • 2003年1月発行