NEWS TOP | OLD NEWS 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
news memo
http://blog.livedoor.jp/rockshow_jp/archives/51298453.html
↑来日情報

出る(た)もの
・burrn4月号
・Metallion30号
・ヤングギター5月号
・GuitarHeroes日本版
Posted at 2008-03-22 | LINK

アストリアぁぁァあ
3/8はイギリスはロンドンのアストリアで開かれた、Spinefarmイギリス進出記念のライブで
Children Of Bodom
が出演したわけですけども、
Children Of Decadence
やったそうですよ!!オフィシャルフォーラムでレポートがありました。写真とか少しだけだけどYoutubeもあるのでチェック!新曲は
Blooddrunk
Tie My Rope
をやったようです。
Posted at 2008-03-10 | LINK

教則DVD
日本オフィシャルサイトを見ていたら、いつだったかここでもエントリしてた教則DVDの発売情報が出てました。



2本あるようで、level oneとlevel two。
日本で予約を受け付けているところがあるのかは未調査ですけども、オフィシャルフォーラムを見てみると、とりあえずJSR Directあたりでも買えるらしいです。1本20ドル。お得なセットとかもあって、円高ぽい現在ですからヨーロッパから買うよりもいいかもですね。
http://www.jsrdirect.com/bands/cob/

ではまた。
Posted at 2008-03-05 | LINK

Finnish Metal Expo:
5〜6年前からヤングギターを読んでいた方にはお馴染みの夏。
Posted at 2008-02-20 | LINK

Blooddrunk日本盤の話とか
 最近仕事が忙しいことを理由に更新をさぼり続けてる気がする管理人です。こんばんは。いや、本当にワーキングプアなんだけどね。で、今更でニュースとも言えないですけど、
Blooddrunk
日本盤の情報ぐらいは書いておかないとまずいだろうということで。

 COBHC.COMディスコグラフィからの引用ですが
Extras for different editions of Blooddrunk:

International limited edition (digipak):
+ Ghost Riders In The Sky (Stan Jones cover)
+ Bonus DVD (incl. photo gallery, 5.1 mixes of Blooddrunk & Blooddrunk promo video + making of)

International edition & picture disc:
+ Ghost Riders In The Sky (Stan Jones cover)

US limited edition (digipak):
+ Ghost Riders In The Sky (Stan Jones cover)
+ Bonus DVD (incl. photo gallery, 5.1 mixes of Blooddrunk & Blooddrunk promo video + making of and access to free music from the entire COB catalog)

US edition:
No extras

Japanese limited edition (digipak):
+ Ghost Riders In The Sky (Stan Jones cover)
+ Just Dropped In (Kenny Rogers cover)
+ Bonus DVD (incl. photo gallery, 5.1 mixes of Blooddrunk & Blooddrunk promo video + making of)

Japanese edition:
+ Ghost Riders In The Sky (Stan Jones cover)
+ Just Dropped In (Kenny Rogers cover)

UK limited edition (digipak):
+ Ghost Riders In The Sky (Stan Jones cover)
+ Lookin´ Out My Backdoor (CCR cover)
+ Bonus DVD (incl. photo gallery, 5.1 mixes of Blooddrunk & Blooddrunk promo video + making of)

UK edition:
+ Ghost Riders In The Sky (Stan Jones cover)
+ Lookin´ Out My Backdoor (CCR cover)

UK picture disc:
+ Silent Scream (Slayer cover)
ということで、日本盤には
Ghost Rides In The Sky
Just Dropped In
のカバーがつくらしいです。もちろんリミティッドエディションもありまして、というか、今回は全世界的にあるみたいですね。とりあえずDVDの内容はみんな同じだろうと予想。唯一、アメリカの「COB全曲を無料で聴ける」というのが?ですが。ちなみに、ご存じの方が多いと思いますが
Blooddrunk
はYoutubeで聴けたりします。
CCR
Lookin' Out My Backdoor
カバーも。この二つはフィンランドのラジオで流れたんだよね。2週間近く前に。オフィシャル掲示板で実況してました。ところで、
Suicidal Tendencies
War Inside My Head
カバーは何処へ?

 今日(月曜日)にはフィンランドで
Blooddrunk
のPVが放送されるようなので、YoutubeやらMySpaceやらをこまめにチェック!SOBにも写真が出てますが、あんな感じの廃墟の中に真っ白な人間が出てきます。貞子も出てきます。

 それでは、また。

 あ。HMVではもう日本盤もリストされていまして、それによると限定盤はSHM-CDというハイクオリティな素材を使った高音質CDに収録されるんだそうな。まぁ。。。こぅ。。なんというか、128kbpsだったり192kbpsな低音質MP3で満足できるへぼい耳な自分にとってはどうでも良かったりするんですが、ただ、全商品をSHM-CDに切り替えるという訳ではない(んだろう多分)中で、限定盤とはいえメタルが、しかもデスボイスなバンドのアルバムが、SHM-CDのリリースに選ばれるというのは、タイミングも良かったのでしょうが大きいんではないかと思いました。

 今度こそ、それでは。
Posted at 2008-02-19 | LINK

Banned From Heaven ストリーミング
今更ですが、myspaceにて
Banned From Heaven
が聴けますよ。
Posted at 2008-01-30 | LINK

新曲公開(予定)
 BW&BKによると、万事計画通り事が運べばニューアルバムから1曲がMySpaceのCOBのページで「来週」公開されるそうです。この記事がポストされたのが26日(土曜日)の午前3時頃(EST)っていうことで、ここで「来週」と言えば今日27日(日曜日)から始まった1週間という意味ですよね???ってことでMySpaceをがっつりチェックしたいところですね。フィードがあればなぁ。

 もひとつ。バンドはFacebookというSNSにオフィシャルページを作ったんだそう。Wikipediaを見てみたんですけど、このFacebookというのは、もともとハーバード大在籍の学生がハーバード内向けのクローズドコミュニティサイトを作ったのが始まりで、他の大学にも広まって広まって全米の学生向けSNSとして必需品になって、現在は一般にも解放されている活発なSNSなんだって。ってことで、アメリカでのプロモーションにも本腰が入ってきたようですよ。
Posted at 2008-01-27 | LINK

Official更新(26.Jan.2008):リリース日決定
 バンドオフィシャルサイトCOBHC.COMによると
Blooddrunk
の発売日は
09.04.2008 Finland & Japan
11.04.2008 Germany
14.04.2008 Europe
15.04.2008 USA
日本は本国と同時発売の模様。先行とまではいかないにしても、今のところ世界で一番早く公式的に店頭に並べられるのは日本ということですね。前作やDVDの時のようにグダらないことを祈るのみ!がんばれユニバーサルジャパン!!
 ちなみにまだ日本オフィシャルにもユニバーサルジャパンのページにもボーナストラックについては掲載されていない様子です。
Posted at 2008-01-27 | LINK

SOB更新(25.Jan.2008):シングルのジャケetc
 SOB更新。

 ニューアルバムからタイトルトラックの
Blooddrunk
がシングルとしてリリースされる予定ですが、そのジャケットが明らかになりました。


 
Alexi
最近Terrorizer誌に語ったところによると、新作に伴うツアーは、まずGigantourで北米ツアーを6~7週間かけてまわった後、オーストラリア、それからヨーロッパツアーという計画だそう。インタビュー中に「Oh yeah」と忘れたように話し出したのが日本とニュージーランド(今回が初めて)。オーストラリアとニュージーランドはおそらく同じツアーってことでしょう。日本もアジアオセアニアとして組み込まれるのか?それともユニバーサルジャパンの担当さんがBurrn誌で「9月ぐらい」といってた別枠としてか??それとも二度日本ツアーがありそうなのか???LoudParkなのか????妄想はつきないですが、とにかく日本にも来るであろう事は明言されました。それから、12月にドイツで撮ったビデオの話ですが、
Blooddrunk
は人が何年も住んでいないというゴーストタウンでの撮影、
Hell Hounds On My Trail
はオペラハウスで撮ったんだそう。

 最後に、前に載せたマーチャンダイズの図案がありましたが、発売されたようです。とりあえず2008年に発売されたマーチャンダイズのギャラリーを見たりとか、購入したければEMPで買ってみてはいかが?(システムのバグかどうなのか、新しいモノ順にすると表示されないモノがあったりするのでタイトル順とかにしてみると良いかも)
Posted at 2008-01-27 | LINK

George Lynch & Alexi
Posted at 2008-01-26 | LINK

SOB更新(22.Jan.2008): NAMMの様子
 SOB更新。NAMM Showの様子。

何日かまではわかりませんが、NAMM Showの様子がYoutubeにあがってます。披露されたのは、
Tie My Rope
Guitar Heroes
に収録された
Alexi
のソロ
Sioux City Sarsaparilla
のアレンジ版、そしてSwedish Metal Expo 06の
Roope
とのセッションでも使われたでもバッキングトラックを使用してのジャム、だそうな。
Alexi
はついでに
George Lynch
のセッションにも参加したらしい。
Posted at 2008-01-23 | LINK

Blooddrunk解説byAlexi&Janne
 イギリスのMetal Hammer誌が、
Alexi
Janne
にインタビューしたみたいで、
Blooddrunk
のトラックアタック的なのがBlabbermouth.netに載ってたんで、ちょっと訳して見ました。が。。。訳が酷い。あくまで参考程度ということで、原文を参照していただく感じでお読みください。
1. Hellhounds On My Trail

Alexi
:文字通りの地獄から追っかけてくる獣という意味ではなくて、過去にやった馬鹿なことが自分を困らせるってこと。結局気にしないっていう。

Janne
:音楽的には俺のフェイバリットの一つになった。リハーサルではヴォーカルが聞けないわけだけど、ヴォーカルをのせたらこの1曲目のファンになった。


2. Blooddrunk

Alexi
:自分の血を流すことに狂ってることについての曲。俺は10年ぐらい前に自分で自分を切りつけたりとかしてたんだ。まぁ必ずしも切るってことではなくて、自分でも何故かわからんけどしてしまう、ってこと。それがこのアルバムのテーマだ。

Janne
:デビューアルバムから見ても始めて三連符のある曲で、音楽的にとても新鮮だ。


3. LoBodomy

Janne
:一番難しい。とてもアグレッシブなんだ。そんでプログレッシブとかそんなかんじ。

Alexi
:曲が全体を通して「angry」なんだ。「こいつらマジデ超むかつくぜ!」ってな雰囲気を持つ曲。


4. One Day You Will Cry

Janne
:これは最初っからフェイバリット。

Alexi
:俺も。めちゃくちゃメロディックだったりするんだけど、パンチを食らったようにも感じる。特にヴォーカルに満足してる。ワールドミュージックみたいな曲ww

Janne
:他の曲に比べたら、ほとんどポップミュージックだよ。けどCoolだ。


5. Smile Pretty For The Devil

Janne
:俺たちが知っている(訳注・「解っている」かも)女性の特徴についての曲。それ以上言えない!変態についてかな?と願いたい。


6. Tie My Rope (new version)

Janne
:コンピレーションで録ったから、この曲をレコーディングするのに特に興味もなかったんだ。たとえ良い曲でも、チャレンジすることが残ってなかったりするから。

Alexi
:けど絶対ニューバージョンのが良いよ。


7. Done With Everything, Die For Nothing

Alexi
:トラブルの絶えない曲だった。何度もリフを書いて何度もアレンジしたけど、何をやっても糞なサウンドにしかならなくて、で、なんとかできたもののスタジオでですらうんざりするモノだったんだ。何か足りなかったんだよ、常に。レコーディングした後でも変更したりした。それからとうとう新しいコーラスをつけれて、しっくりきた。

Janne
:その前は、ブラックメタルのパロディーみたいだった!


8. Banned From Heaven

Alexi
:プレイするのがフェイバリットな曲。スローソング。オールドスクールなデスメタルバラードだ!めちゃくちゃメロディックでたくさんのリズムやベースリフが入っている。


9. Roadkill Morning

Alexi
:俺たちは余分な曲は作らずに、全てをアルバムに入れるんだけど、今回は実は10曲あったんだ。けど二曲を一つにして、二日酔いになることについての曲"Roadkill Morning"を最後の曲にしたんだ。二日酔いは起きた瞬間にトラックにひかれたような感じがする。運良く2曲が同じようなリズムだったのさ!
One Day You Will Cry
がめちゃくちゃ気になる。。。
Posted at 2008-01-22 | LINK

SOB更新(18.Jan.2008):Blooddrunkジャケ
 
Blooddrunk
のジャケが公開されています。







Posted at 2008-01-19 | LINK

SOB更新(10th.Jan.2008): トラックリスト公開
 大変遅くなりましたが、新作
Blooddrunk
のトラックリスト等が公開されました。以下、SOB全訳です。

ついに
Children Of Bodom
の新作
Blooddrunk
のトラックリストが明らかになった。以下の9曲である。
01. Hellhounds On My Trail 3:58
02. Blooddrunk 4:05
03. LoBodomy 4:24
04. One Day You Will Cry 4:05
05. Smile Pretty For The Devil 3:54
06. Tie My Rope 4:14
07. Done With Everything, Die For Nothing 3:29
08. Banned From Heaven 5:05
09. Roadkill Morning 3:32
計36分51秒のアルバムということになる。以前にアナウンスされていた
Roundtrip 2 Hell And Back
は別の曲名になったことも注目だ。

 1月の18日と19日、
Alexi
Janne
がアメリカの巨大なミュージックフェアNAMMに姿を現す。
Alexi
はESPギターで二つのサイン会に出席し、期間中に
Janne
とのクリニックを行う。

 
Alexi
がセコンドを勤めたプロレスはどうなったのかと聞いてくる人が多いが、
StarBuck
は勝利しFCFチャンピオンとなった。イベント全体が撮影されているため、フィンラドのテレビでまもなく放送されるのではなかろうか。

 
Janne
は先月と今月他のバンドのライブにゲスト出演した。12月23日のMTV FinlandのHeadbanger's Ballで
Timo Kotipelto
と3曲を演奏し、1月4日にはハードロックやパーティミュージックを演る
Joe Doakes
というフィンランドのバンドのライブ(於ヘルシンキ)でプレイした。
Posted at 2008-01-15 | LINK

Alexi & Janne @ NAMM show
 アメリカはカリフォルニアで開かれる楽器見本市Winter NAMM 08に
Alexi
Janne
が参加するようです。Blabbermouth.netによりますと、ESP主催でのイベントだそう。
Alexi
は3度ほどのサイン会が予定されているほか、
Janne
とともに"Live Performance Clinic"にも出演する。日時は18日16時〜、及び19日17時〜。

 参加できる関係者が正直うらやましい。この組み合わせのクリニックって今までなかったような…?
Posted at 2008-01-08 | LINK